【硬式野球】松井、森の完封リレー!最後は泉口が決めた!2部優勝へマジック1!!

硬式野球

東都大学野球 秋季2部リーグ 対国士大 第1回戦 10月24日 於・上尾市民球場
◆結果◆
青学大000000010|1
国士大000000000|0
◆出場選手◆
1 二 山田拓也 東海大相模
2 左 中島大輔 龍谷大平安
3 遊 泉口友汰 大阪桐蔭
4 右 井上大成 日大三
5 指 中野波来 大阪桐蔭→打 大角健人 成立学園
6 中 永山裕真 報徳学園
7 一 片山昂星 東海大菅生
8 三 冨樫智也 関東一
9 捕 佐藤英雄 日大三
P 松井大輔 県岐阜商→森圭名 富山第一


秋季リーグ6連勝中の青学大は、未だ白星をあげることができていない国士大とのカードを迎えた。幸先よく流れを掴みたいところであったが、国士大先発の石井の好投から流れを掴めず。そのまま終盤まで0-0のまま試合が進んだ。しかし、8回に貴重なチャンスをモノにし1点を先制。この1点を松井、森の2人の投手リレーで守り切った。

苦しい試合であったがこの試合もしっかり勝ち切った

青学大の先発松井はこの試合でも安定感のある投球でスコアボードにゼロを並べる。130キロ中盤の直球と変化球をうまく使いながらランナーを背負いながらも落ち着いた投球でスコアボードにゼロを刻んだ。勝負玉となったのは低めに決まる直球。ここぞという場面でのコントロールが今試合、重要な鍵となった。

松井は毎回落ち着いた投球で相手に流れを渡さなかった。ここまで登板した全試合で好投を続けている

援護したい打線は国士大先発の石井の攻略に苦戦。再三のチャンスをつくりながらも、繋がりに欠け苦しい展開が続いた。左投手繰り出される低めのスライダーに翻弄され続けた。青学大は左打者が多いだけに酷な相手であった。

しかし、苦しい展開を乗り切る地力が今年の青学大にはあった。8回表の攻撃、今リーグ好調の先頭の1番山田がセンター前ヒットで出塁。2番中島がきっちりバントで送ると、打席には3番泉口。安藤監督が「特に泉口や井上はチームを背負ってくれている、そういう存在。だからこそ“ここは気負うなよ”と声をかけた。」と話す。この試合では泉口はチャンスで凡退が続き苦しい打席が続いていた。それでも、大学生トップクラスのショートの守備力を誇り、打順も3番に座る泉口だからこそ指揮官の信頼は厚い。泉口自身も「今までの打席で結果が出ていなかったけど、そこは忘れてリラックスして打席には入れた。」と話す。そして迎えた8回の打席、この試合で翻弄され続けた低めのスライダーをしっかりとセンターへと弾き返した。2塁ランナー山田も俊足を生かし生還。ここぞというところで1本が出た泉口は「ここで打てなければ本当に(寮に)帰れなかった。」と試合後に話す程安堵の様子を浮かべた。1年生からリーグ戦を経験してきただけにここぞという場面で頼りになる男だ。この一打がこの試合の決勝点となった。

泉口に声をかける安藤監督
決勝の一打を放った泉口
決勝のホームを踏んだ山田

そして8回裏の守備からはエース森がマウンドへ。調子があまり上がらない状況ながらも変化球主体で8回を抑えた。9回裏の守備は1死からエラー、死球で1死1,2塁とされるも、最後は投ゴロ併殺打に抑え試合終了。緊迫した投手戦も積み重ねてきた粘り強さで終盤の1点を守り切った。

最後は併殺打で締めた森

この日第2試合に行われた専大-拓大のカードで専大が勝利。よって青学大が2部優勝へマジック1となった。これにより明日勝つことができれば悲願の2部優勝、そして今大会特別ルールにより入れ替え戦なしでの1部自動昇格が決まる。2014年秋に2部降格以来、叶わなかった1部の舞台へ復帰することができる。西川主将は「明日の1勝、全員でとりにいきたい」と強く意気込む。今季掲げた目標、「まずは1部昇格、そして大学日本一」への最初のステージ“1部昇格”もコンプリート目前だ。明日の大一番、“2部優勝”を決められるか、大きな期待がかかる。(記事・写真=石岡亮)

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました