【陸上競技】箱根駅伝・直前特集③ 原監督恒例の作戦名発表!今年は駅伝の原点に立ち返る“絆大作戦”

 2021年1月2日・3日に開催予定の第97回東京箱根往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に先駆け、青山スポーツでは独自のインタビューや取材をもとに注目選手の紹介や展望をお届けします。  

箱根駅伝において恒例となっている原監督の作戦名発表が今年も行われた。

箱根駅伝2年連続6度目の優勝を狙う青学大。今年の作戦は“絆大作戦”。これまでゴーゴー大作戦、やっぱり大作戦とユニークな大作戦を打ち出してきた原監督であるが、今年は例年と一味違い、一見シンプルな作戦名を命名した。

神林主将も「珍しくまじめ」とニヤリ、笑みをこぼした。しかし、絆大作戦には例年になく今年ならではの状況を反映した深い思いが込められている。今年はコロナという異例の国難に見舞われ、多くの大会が延期や中止に追い込まれた。まさに先行きが不透明な時期であり、一度は箱根駅伝の開催さえも危ぶまれた。そんな中で選手たちが大きな不安を抱えながら練習を積んでいたことは想像に難くない。練習量も例年より3割減。しかし、そんな目標を見失いがちになる時でも青学大は神林主将(地4)、エースの吉田圭太(地4)ら上級生2トップを中心とし、急成長ランナー中村唯翔(総2)さらにゴールデンルーキー佐藤一世(総1)ら下級生が下から突き上げる。まさにチームが一丸となりより絆を強め、苦難を乗り越えてきた。

「コロナ禍で様々なつながりが薄れた。絆を大切にしてレースに臨み、絆を取り戻す活動をしたい。」(原監督)そんな強い願いをこめて命名された絆大作戦。

 今年の箱根駅伝は異例の状態で開催される。しかし、青学大の絆が体現されたタスキリレーは多くの人たちに希望、勇気与えることは言うまでもないだろう。同時に人々の胸に残るものとなることを願いステイホームで声援を送りたい。

(記事 鈴木美衣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *