【陸上競技】箱根駅伝・直前特集⑦ いよいよ明日から始まる根駅伝!主将神林勇太選手に注目!

2021年1月2日・3日に開催予定の第97回東京箱根往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に先駆け、青山スポーツでは独自のインタビューや取材をもとに注目選手の紹介や展望をお届けします。

「戦国駅伝」とも言われた昨年の箱根駅伝。しかし、今年はそれを超える、更にハイレベルな「超戦国駅伝」となるだろう。異例のコロナ禍で始まった今シーズン。三大駅伝の一つである出雲駅伝の中止など、各大会が次々に延期や中止となった。本来であれば力を試せたはずの機会も多く失われ、練習も今までのようには積めない中で、選手たちはそれぞれ様々な思いを抱えながら練習に励んだ事だろう。そんな中今季10月に行われた全日本大学駅伝では、早大や明大などを初めとし、いわゆる三強と言われる駒大、東海大、青学大以外の大学も強さを見せつけ、大きな存在感を示した。各大学、今季に行われた試合や記録会などの結果を見ても、選手1人1人のレベルが高く力をつけており、どの大学が箱根路を制してもおかしくない、非常に見応えのある試合となりそうだ。

そんな激戦が見込まれる箱根駅伝での注目選手は、なんといっても神林勇太主将(地4)だ。今大会で自身の競技人生を引退する神林主将は、ラストランとなる箱根に対して並々ならぬ思いを持つ。

全日本駅伝7区で見事区間賞を獲得した神林主将。主将の意地を見せつけた(写真提供/月間陸上競技)

神林主将は、3年時に出雲駅伝の4区と箱根駅伝の9区で区間賞、また、今季では全日本大学駅伝の7区で各大学のエースや留学生を抑えて区間賞を獲得。チームの軸となる存在だ。全日本の走りに対しては「キャプテンらしい走りというのをモットーに1年間ずっと取り組んできていたので、そういうことをやっと走りで体現できた」と自身を評価する。

しかし、原監督が「学生たちは(コロナで)不安な心理状態になりました」と話すように、神林主将もコロナ禍で悩んだこともあった。シーズン当初はコロナウイルスの実態も全く分からず、社会的にも、外で普段通り練習をすることさえ悪とみなされてしまったりと、気を遣うことも多かったという。「自分がキャプテンとしてチームをまとめていくのは非常に難しかった。全てのことが今まで通りにできなくて、なんだかよく分からないまま、どうしたらいいのか分からないまま、ずっとその中でうまくやってきた感じです」と暗中模索の状態でも、精神面、更には競技面としてもチームを引っ張り、支えてきた。

そんな神林主将は箱根駅伝で優勝すること、優勝に貢献する走りをすることを夢に持ち、陸上競技を続けてきた。「最後の意地と言いますか、競技もこれでおしまいになるので、そこ(箱根)に全てをかけて、全てを出せたらなと思います」と熱い思いを語った。この一年で一回りも二回りも大きく成長した神林主将の走りに目は離せない。

神林主将を中心に築き上げた青学大の『絆』をもとに、チーム一丸となって箱根路を駆け抜ける。もちろん、「目標は完全優勝」だ。

♦︎神林勇太(地4): 熊本県・九州学院高校卒業。5000mベスト:13分50秒58・10000mベスト29分01秒43

(記事=布村優果)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *